サン・フォルトゥナート(OSF)とは

“サン・フォルトナート”(OSF)とは

1901年に設立された国際公益法人

ランスのポワティエ大司教・聖フォルトゥナトウス(535~609)が主宰した
親善交流会の思想を汲んで、1901年に設立された会のことです。
長い歴史と伝統を誇るこの会は、現在ヨーロッパを中心に、
国際交流や慈善活動、藝術創作支援や食文化の向上などを目的とする
国際公認公益法人として活動しています。
聖フォルトウナトウスが提唱した友好の精神や人道的思想を現代に受け継ぎ、
“善と美”を追求し、国境を越えて相互理解を深めていくことが“サン・フォルトゥナトウス”の目的です。
会員は会を通じて国際交流や文化活動などさまざまな活動に参加し、
自分を高める気持ちを持ち続けているすばらしい団体です。
現在は、ドイツ、イタリア、オーストラリア、スロヴェニア、クロアチア、ポーランドの
6カ国に管区を持ち国際的な活動を展開しています。
2006年、日本が管区として認定され、2007年3月より、日本支部が発足します。
わが国はアジアで初めての加盟国となり、
今後日本支部が”サン・フォルトナート・ジャパン”アジア代表として
国際交流の場を頻繁に設け国際人を育てることを目指します。

サン・フォルトナート・ジャパン事務局
〒106-0046 東京都港区元麻布2−1−21
http://www.saintfortunat.jp
tel.03-3444-9285 / fax.03-3444-9305